【刃牙】毒から復活できたのは梢江の涙が理由?14キロの砂糖水の効果についても

「刃牙」の見所ともいえる大擂台賽編。

最凶死刑囚の一人、柳龍光の毒手を受けてしまった刃牙。

全身に毒が回り瀕死の状態に。

毒に侵された刃牙の進化が問われる曲面となっています。

そこで今回はこんな毒を克服し復活する刃牙について深堀していきたいと思います。

スポンサーリンク

刃牙の体を蝕んだ毒が裏返り復活できた条件は?

柳龍光の毒手により毒に侵された刃牙の復活には色々な条件があったようです。

毒が裏返り復活するための条件について紹介していきましょう。

柳龍光の毒手は効いていなかったのか?

毒手を喰らった刃牙。

普通なら死んでいてもおかしくない状態です。

 

柳龍光の毒手は自然界の毒草や毒虫などから抽出した毒成分を手に染み込ませた代物です。

その効果は触れるだけで毒に犯すことができるほど。

実際にはドイルとの対戦で柳龍光の毒手による軽い打撃を受けた目は視力を一瞬で失っていました。

その毒の成分はドイルを捕らえたビスケットオリバによって検査されており、毒の効果は科学的にも実証されています。

 

ただ、毒手を喰らったはずの刃牙は死には至っていませんでしたね。

この事実には毒手の使い手の柳龍光自身も驚きを隠せなかったようです。

 

刃牙は柳龍光との再戦前に大きな出来事がありました。

そう、彼女である梢江との初体験。

 

男であれば人生で最も衝撃的な出来事です、そして刃牙も同じ。

梢江との初体験を終えた刃牙は以前とは別人に生まれ変わっていました。

 

闘いの強さだけではなく、肉体的、精神的にも大きく成長していたのです。

以前には渋川剛気と2対1の闘いにも互角に渡り合っていた柳龍光を圧倒。

 

柳龍光が弱いわけではありません。

柳龍光は過去に渋川剛気と三度闘い、全て勝利しているほどの強さです。

刃牙にとって梢江との初体験は、常人なら即死する毒をも耐える最強の少年へと進化させていたのです。

刃牙は瀕死の重症だった

梢江との初体験でさらなる強さを手に入れた刃牙。

しかし、柳龍光の毒手は刃牙の体を蝕んでいました。

 

食欲と筋力の低下、体重の減少。

見た目からも別人へと変貌してしまった刃牙。

 

地下格闘技場の戦士であり、天才外科医でもある鎬紅葉の治療に頼るが手遅れ・・・

柳龍光との闘いでは毒が効かなかったように思えていたものの、刃牙も毒には勝てなかったようです。

烈海王が中国大擂台賽(だいらいたいさい)へ強行!

天才外科医である鎬紅葉すらも匙を投げた刃牙の体を蝕む毒。

しかし、戦友である烈海王により刃牙の運命は大きく動きます。

 

百年に一度の中国の伝説の武術トーナメント「中国大擂台賽」

烈海王は刃牙にとって毒の治療には闘いが必要であると考え、中国大擂台賽への参加へ決意したのです。

中国大擂台賽への参加は精神論ではなく、闘、食、性の本能に根ざすものを追求する中国4000年の経験からの考えなのです。

そして中国大擂台賽で刃牙の対戦相手となる魁皇も柳龍光と同じ毒手の使い手「李海王」

 

そんな強敵との試合の直前の刃牙はウォーミングアップで大量の血を吐くほどの重症。

しかし、闘いを目の前にした刃牙は梢江でも止めることはできませんでした。

 

そして毒手の使い手である李海王との対戦が始まります。

無情にも李海王の毒手はさらに刃牙を苦しめることとなりました。

 

李海王の毒手は刃牙の体にさらなる毒を加え刃牙は戦闘不能に。

大量の血を吐き出したまま生気を失いダウン・・・

復活の条件は梢江の涙?

スポンサーリンク

李海王の毒手をくらい死ぬ寸前の刃牙。

しかし、地面に横たわる刃牙のもとに梢江の姿が。

 

「あなたは、何ひとつ変わっていない。」

梢江は変わり果てた刃牙の姿を見ながらも、刃牙への愛は変わらないことを伝え涙を流します。

 

刃牙への愛と勝利を信じた梢江の涙は毒を克服し復活するきっかけとなりました。

 

梢江が流した涙が刃牙の頬にこぼれ落ちたその時!

刃牙の体が覚醒したかのように力強い鼓動を始めるのです。

 

闘志によって脳から分泌された脳内麻薬。

最愛の恋人である梢江が流した涙によってもたらされた多幸感。

柳龍光と李海王の2つの毒素。

この全てが化学反応を起こしスパーク、そして毒が裏返ったのです。

 

解毒という奇跡を起こした刃牙にとって李海王を敵ではありませんでした。

復活した刃牙は李海王を瞬殺。

14キロの砂糖水の効果が凄すぎる!

毒を克服し李海王との闘いに勝利した刃牙をもてなしたのは大量の中国料理。

毒により、痩せ細った刃牙の体を回復させるために烈海王が用意していたのです。

戦友の烈海王も刃牙の復活を心から信じた一人でした。

烈海王の用意した大量の中国料理を平らげた刃牙。

 

しかし、烈海王が用意していたのは中国料理だけではありません。

バケツに入った10リットルの水と4キロの砂糖から作った、14キロもの重量の砂糖水。

 

烈海王の「奇蹟が起こる」という言葉を信じ14キロの砂糖水を飲み干した刃牙。

 

猛毒に侵され極限まで衰弱しきった刃牙の肉体、その細胞全てが復讐を誓っていました。

今後もし 同じような事態が起こったなら・・・・必ず必ず独力で乗り越えてみせると!

 

そして刃牙の体に起きた超回復は以前より強い体と細胞にパワーアップすることに。

 

パワーアップした刃牙、次の対戦相手は郭海皇の隠し子である郭春成

郭春成は魁皇以上の強さを持つ強敵。

しかし、毒を克服しさらなる肉体を手に入れた刃牙の敵ではなかった・・・

まとめ

毒に侵された刃牙。

結果的にはさらなる強さを手に入れる起爆剤になっていました。

女を知っただけで強くなれる刃牙ですが、毒をも強さに変えてしまう刃牙は凄すぎですね。

中国大擂台賽以降も刃牙の闘いは続きます。

刃牙以外の中国大擂台賽の闘いも見所満載ですね。

【関連記事】

【刃牙】柳龍光と師匠の国松との関係は?範馬勇次郎に敗れたその後についても

【刃牙】ジャックハンマーが噛ませ犬に変貌!伸長は大きくなったけど弱い理由とは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です