メンインブラック3に登場する人面の魚は実在した!ブロブフィッシュは食べることができる?

SFアクションコメディーの大ヒット作「メン・イン・ブラック」シリーズの3作目、メン・イン・ブラック3。

メン・イン・ブラック3はエージェントKを救うためにエージェントJが過去の時代にタイムトラベルするストーリー。

メン・イン・ブラックには色々なエイリアンや不思議な生物が登場します。

その中でも、「人の顔をした魚」が登場するシーンがありました。

今回はこんなメン・イン・ブラック3に登場する人面の魚について調べてみたので紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

メインブラック3に登場する人面の魚は実在した!


メインブラック3に登場した人面の魚は調べてみたところ実在する魚でした。

鼻の大きなおっさんみたいな魚。

魚の名前は「ブロブフィッシュ」

珍しい魚好きの間ではかなり有名な魚みたいです。

メインブラック3に登場したブロブフィッシュについて深掘りしていきたいと思います。

人面の魚ブロブフィッシュがメインブラック3に登場するシーンは?

ブロブフィッシュが登場したのはエージェントのKとJが”ウーの海鮮中華飯店”にやってきたときのこと。

 

月面のルナマックス銀河系刑務所から脱獄したボリスは魚好きとの情報です。

エージェントKとJが調理場を調査したとき、まな板の上で捌かれる寸前のブロブフィッシュが登場しています。

 

 

また、店内でドタバタの戦闘が始まった時もブロブフィッシュがまな板の上で大人しくしていましたね。

(何か話しているようですが・・・SFコメディー映画なのでOKです。)

メインブラック3に登場する生物は実在しない生き物ばかりと思われていましたが、人面の魚は実在する魚でした。

スポンサーリンク

メインブラック3に登場する人面の魚ブロブフィッシュの正体は?

”ウーの海鮮中華飯店”で捌かれる寸前の魚ブロブフィッシュの正体は「深海魚です。」

「世界で最も醜い生き物コンテスト」というものがあるのですが、ブロブフィッシュは堂々の1位!!

 

生息域は水深水深600~2800m。

オーストラリアやニュージーランドの深海に生息している深海魚です。

ブヨブヨした見た目はいつも生活している深海の水圧とは異なるため。

ブロブフィッシュ体には筋肉が少なく、ほとんどがゼラチン質。

やわらかい体は水圧と気圧の影響で、顔のお肉が垂れ下がり変な人の顔のようになっているのです。

 

水中での姿と水揚げされた姿はまったく違う姿になっていますね。

メインブラック3に登場する人面の魚、ブロブフィッシュは食べることができる!

店主のウーがエージェントのKとJに出した料理は得体のしれない食材が使われていましたね。

 

ブロブフィッシュがメインブラック3に登場したときは”ウーの海鮮中華飯店”でまな板の上のまま。

調理される寸前でしたが、調理後の映像はありませんでした。

 

しかし、この見た目が凄いブロブフィッシュですが

海外ではかなりの人気の食材!!

何だとか。

ブロブフィッシュは海底で食べているのはカニやエビなどの甲殻類。

味のほうは甲殻類の旨味が詰まった感じなんだとか。

食感のほうもアンコウと似ているようで、空揚げや、フライ料理にあう食材みたいですね。

調理前の見た目はグロテスクですが、味と食感がとても美味しいみたいですね。

まとめ

・メインブラック3に登場した人の顔の魚は実在した、魚の名前はブロブフィッシュ。

・人面の魚のブロブフィッシュが登場するシーンはエージェントのKとJが”ウーの海鮮中華飯店”にやってきたとき。

・ブロブフィッシュは深海魚で、水揚げされたときに水圧と気圧の影響でブヨブヨした見た目になっている。

・ブロブフィッシュが海外では人気の食材で、甲殻類の旨味とアンコウのような食感の魚。

【関連記事】

【メンインブラック3】フランク役のパグは死んだって本当?ノリノリで歌ってる動画あり

【メンインブラック3】グリフィン役の俳優さんは?吹替の声優さんの声がかわいい!

【ルシファー】クロエ役のローレン・ジャーマンとは?正体は天使なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です