【スラムダンク】福田吉兆が謹慎になったのは監督田岡の失敗?性格やモデル選手についても

スラムダンク陵南高校バスケ部福田吉兆。

陵南高校エース仙道彰に次ぐスコアラーです。

福田吉兆が登場したのはインターハイ予選から。

陵南高校2年生ですが無期限部活動禁止の謹慎処分のためでした。

今回はこんなスラムダンクに登場する福田吉兆の魅力について深掘りしていきたいと思います。

スポンサーリンク

福田吉兆とは?

陵南高校バスケ部のスタメンメンバー福田吉兆。

福田吉兆プロフィールや性格、モデルになった人物について紹介していきたいと思います。

福田吉兆のプロフィール

プロフィール

ニックネーム:フッキー、福ちゃん、フク助

身長:188cm

体重:80kg

背番号:13

ポジション:パワーフォワード

陵南高校バスケ部2年、福田吉兆。

バスケを始めたのは中2の終わりころから、オフェンスの得点力は仙道彰に並ぶものがありますね。

 

何が何でもをゴールに入れる執念はすさまじいものがあり、陵南のオフェンスには欠かせないスコアラーの1人。

しかし、ミドルレンジシュート、ディフェンスは苦手で桜木花道が仕掛けた単純なフェイントに引っかかっていました。

福田吉兆の性格は?

バスケへの情熱にはすさまじいものがあり、実力がないころから絶対エース仙道彰を意識する大物。

 

大胆に見える見た目とは違って、凄く繊細でストレスを溜めやすい性格。

また、非常にプライドが高く、褒められると実力以上のものを発揮するタイプ。

 

 

 

仙道彰を信頼し、仙道の性格を理解している。

海難戦で海難キャプテン牧のマークの消耗した仙道を休ませようとした監督田岡の指示にも

「仙道のプライドが傷つく」

と仙道彰を慕っている様子が分かる。

 

仙道自身も福田吉兆の性格を理解していて、

「ナイス!」

と褒めて福田吉兆を煽りたてていました。

 

憧れの仙道彰が認める桜木花道に対して強い興味を示していている様子があります。

しかし、自分から接触するのは苦手な模様、友人伝いに桜木を呼ぶようにしていることもあり人見知りであることも分かります。

福田吉兆は言葉でのコミュニケーションは苦手なようで、作中で会話をしているシーンはあまりありね。

福田吉兆のモデルになったNBA選手は?

スラムダンクに登場するキャラクターはNBA選手がモデルになっていますね。

福田吉兆のモデルになったNBA選手はラトレルス・プリーウェルです。

 

高い運動能力と豪快なダンクシュートを持ち味の選手で、チームの得点源として活躍していいる選手でした。

オフェンスに特化してるところや、独特の動きのプレースタイルは福田吉兆と重なるところがあります。

また、無名の大学時代でしたが、NBA選手となってから劇的に活躍するようになったところも福田吉兆蛾モデルになている由来でしょう。

モデルとなったラトレルス・プリーウェルは福田吉兆と同じように監督への暴行で無期限の出場停止処分になっています。

スポンサーリンク

福田吉兆が謹慎処分になったのは監督の田岡が原因

福田吉兆が陵南スタメンメンバーとして登場したのはインターハイ予選から。

2年生の福田吉兆が登場していなかったことには、無期限部活動禁止の謹慎処分になっていたことが原因です。

謹慎処分になった理由、謹慎が解けてからの福田吉兆について深堀していきます。

監督田岡の誤算!

全国大会出場を目指す陵南高校バスケ部監督の田岡茂一。

選手への指導は厳しく、「陵南が一番練習している」と自負しているほど。

 

監督田岡が選手の性格を踏まえ選手への指導方針も使い分けていました。

入部当初、1年の仙道彰と福田吉兆に目をかけていた監督田岡。

 

プライドが高そうな仙道彰には「褒めて伸ばす指導」

まだ失うものがない福田吉兆には「叱って伸ばす指導」

しかし、この采配が大誤算!!!

 

1年間、監督田岡に叱られ続けた福田吉兆はストレスが爆発。

練習試合の最中に

「ほわちゃあ!」

と監督田岡に暴行を働いてしまうのです。

 

この時に、打たれ強い性格だと思っていた福田吉兆の性格は実は繊細だったということが分かったのです。

福田吉兆の監督への暴行は他校との練習試合の最中ということもあり、隠しようがありませんでした。

その結果、無期限部活動禁止の謹慎処分。

全国大会出場を目指す監督田岡茂一の構想は福田吉兆を失う結果となったのです。

福田吉兆のバスケへの情熱!

無期限部活動禁止の謹慎処分となった福田吉兆。

 

バスケ好きの高校生にとってバスケ部で活動できないということはバスケができなることと同じです。

無期限部活動禁止、いつバスケ部に戻れるかわからない福田吉兆の気持ちは絶望的だったはずです。

 

謹慎処分になった福田吉兆ですが、バスケへの情熱は冷めることはありませんでした。

リングがないところで1人で、がむしゃらにバスケの練習。

何もない空に向かってのシュート練習。

プライドが高く精細な性格の福田吉兆ですがバスケへの情熱は誰にも負けないものがありますね。

謹慎が解けてからの福田吉兆への監督田岡の対応の変化

無期限部活動禁止の謹慎処分蛾解けた後の監督田岡の福田吉兆への接し方には変化がありましたね。

 

監督田岡も福田吉兆への謹慎前の指導方針には

「俺のミスだ。戻ってこれて本当に良かった」

と反省していました。

 

監督田岡はやはり大人です。

福田吉兆の繊細でプライドが高い性格を理解し、福田吉兆への指導の方針を変えていました。

 

決勝リーグの湘北との試合。

センター赤木にことごとくシュートをブロックされたときも福田吉兆を叱らず、福田吉兆を交代させませんでした。

また、周りの陵南メンバーも福田吉兆の性格を理解し褒めて福田吉兆を盛り上げるようになりました。

監督田岡の福田吉兆への理解から陵南には欠かすことができない選手の1人になったのです。

まとめ

・福田吉兆は陵南バスケ部2年、仙道彰に並ぶオフェンスの得点力がある選手。

・福田吉兆の性格はプライドが高く繊細で、褒められると伸びるタイプ。

・福田吉兆のモデルとなったNBA選手はラトレルス・プリーウェル。

・福田吉兆の無期限部活動禁止の謹慎処分となったのは監督田岡の指導方針の間違い。

【関連記事】

【スラムダンク】木暮公延の実力は?メガネを取った素顔はイケメン?

【スラムダンク】桜木のバッシュの値段は?靴屋の店長が登場するのは何話目?

【スラムダンク】清田信長の実力やジャンプ力は?ポジション・モデルのNBA選手についても

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です